[お役立ちガイド]太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう

[お役立ちガイド]太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう


[お役立ちガイド]太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう
2010年度に導入された補助金制度の内容を確認してみますと、補助金額がシステム1kw当たり7万円となったことです。
つまり太陽光発電の価格が1kwで65万円となった計算になるのです。

太陽光発電の設置価格に関しては1kw当たり70万円となっていますが、この点は注意をするようにしてください。
機種やその導入規模によりましては、決められた65万円に納めることの出来るケースが困難になってしまいます。太陽光発電を全国的に普及させるという政策から現在では固定価格買取制度が打ち出されています。
これからの状況によっては風力発電などといった自然のエネルギーを含む全量買取制度というものも実施されるかもしれません。 停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。




[お役立ちガイド]太陽光発電の普及支援は絶対に利用しようブログ:10 11 19

あたしは両親が本当に嫌いでした。

小さいころの記憶といえば、
家で日本酒に溺れる父親、
そのことで父親をなじる母親。

そしてその怒りをお姉さんやあたしにぶつけ、
お姉さんはその怒りをあたしにぶつけていました。

家には居場所がない…
娘の時のあたしは
そう考えるしかありませんでした。

以前、実家に帰った時に
小学生の時に作った壁掛けがあったはずなので、
母親に見せてほしいと頼むと、
「捨てた」と言いました。

あたしは当然のように聞きました。
「なんで捨てるねん、小学生のとき作った作品で唯一残ってるやつやん」

母親は言いました。
「あの壁掛け吐き気するくらいキライやねん。
灰色とかなんともいわれへん色ばっかりやから」

その通りです。
あたしがみても30秒が限界なのですから…
小学生の持つ明るさなどまったくなく、
絶望という言葉がふさわしいような色だけでした。

そして中学、高校と
表面的には普通の娘でしたが
内面的にはどんどんゆがんでいきました。

変わることのない父親と母親、お姉さんとの確執。
その時のあたしの望みはただひとつ、
「楽に死にたい」

何度も首をくくる練習もしました。
包丁をウエストにあてたりもしました。
このまま目が覚めなかったらいいのに…と
連日のように思っていました。

そしてある時、あたしは決めました。
「こいつらは赤の他人や」と。

そしてあたしは一度だけ両親に言ったことがあります。
「こんなゆがんだ性格にしたのはあんたらのせいや、謝ってほしい」と。
両親は頭を下げました。

でも、そんなあたしでも
今は少しづつ父親も母親もお姉さんも
許せていっています。

お姉さんに娘が産まれ
実家で娘たちと遊ぶようになった時に、
お姉さんから
「ありがとう」と感謝をされたことで
あたしの中で何かがかわりはじめたんです。

[お役立ちガイド]太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう

[お役立ちガイド]太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう

★メニュー

[お役立ちガイド]安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富
[お役立ちガイド]売電だけを目的とした投資対象としての利用
[お役立ちガイド]毎月の電気による利益計算は可能
[お役立ちガイド]自宅にあったメーカを選ぶということでオーダーメイドとも言える
[お役立ちガイド]貴方の住んでいる地区の補助金について
[お役立ちガイド]訪問販売でのトラブルが後を絶ちません
[お役立ちガイド]石油などに変わる新しいエネルギーの太陽光発電
[お役立ちガイド]全ての見積サイトが優良とは限らない
[お役立ちガイド]こんなに便利な太陽光発電システムもあります
[お役立ちガイド]太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電知りたがりガイド